第三回学習者コーパス・ワークショップ 開催案内とポスター発表募集(募集延長しました)

開催案内

 

I-JAS(International Corpus of Japanese as a Second Language:多言語母語の日本語学習者横断コーパス)は、国立国語研究所の共同研究プロジェクト「日本語学習者のコミュニケーションの多角的解明」と科学研究費(基盤A)「海外連携による日本語学習者コーパスの構築および言語習得と教育への応用研究」の2つの調査研究によって構築、提供されています。現在、450名分のデータを公開しており、残り600名分のデータの公開に向けて準備を進めています。
I-JASプロジェクトでは、日本語の研究や教育の充実、発展に向けて、2016年に続き、二部構成による第3回学習者コーパス・ワークショップを開催いたします。第一部では、学習者コーパスに関連した2つの講演とポスター発表を行います。第二部では、I-JASの概要を紹介するとともに、その適切な活用方法に関するワークショップを開きます。I-JASを研究や教育に生かしていくには、そのデータをどのように扱ったらいいのか、その際に注意すべき点はどのようなことなのか、皆さんとともに考えたいと思います。

 

第三回学習者コーパス・ワークショップ
-学習者コーパスから第二言語習得を考える―

日時:2017年12月3日(日)10:00~17:00(第一部は14:30まで)
会場:国立国語研究所

<プログラム>

【第一部】 講演・ポスター発表

10:00~10:10 第一部 開会

10:10~11:10  講演1
  「学習者コーパスによる第二言語習得理論~Processability Theory~の検証」山口有実子氏(東海大学)

11:10~12:00 ポスター発表

12:00~13:00  お昼休憩

13:00~14:20 講演2
  「語用論的転移に関する諸問題」 清水崇文氏(上智大学)

14:20~14:30 第一部 閉会

【第二部】 ワークショップ(申し込み制:先着順 10月3日(火)より開始)

15:00~17:00 ワークショップ  ※各自持参したPCを使って作業

 ・初心者コース(定員30名) 担当:細井陽子・須賀和香子
 ・既習者コース(定員15名) 担当:佐々木藍子

対象者
初心者コース 初心者コース申込み
・I-JASというコーパスについてよく知らない方
・I-JAS中納言(検索システム)の基本的な使い方を学びたい方

既習者コース 既習者コース申込み
・I-JASのデータ概要についてある程度ご存知の方
・すでに中納言(BCCWJなど)を使用したことがあり、I-JAS中納言の使い方についてより深く学びたい

 

ポスター発表募集(延長しました。)

 

下の要領でポスター発表を募集しています。詳細は以下の通りです。

●発表内容

・I-JASを含む学習者コーパスを使用した調査研究。
・未発表の研究に限ります。既に公刊されている論文や、他の学会等で発表されたものは受け付けません。

● 発表形式

ポスター発表(50分)

●応募締め切りおよび日程:

 〈変更前〉

 2017年8月31日(木)17:00 応募締め切り
 2017年9月13日(水)採否の通知
 2017年10月20日(金)17:00 予稿集掲載原稿締め切り
 2017年12月3日(日)ワークショップ開催

 〈変更後〉

 2017年9月15日(金)17:00 応募締め切り
 2017年9月22日(金)採否の通知
 2017年10月29日(日)17:00 予稿集掲載原稿締め切り
 2017年12月3日(日)ワークショップ開催

 ●応募手続:
(1)次の要領で発表要旨をI-JAS事務局までお送りください。

・A4用紙1枚。
・上部に、発表タイトル、御名前、御所属、肩書(教員、大学院生等の別)を記載し、それに続けて、800字程度の発表要旨を記載してください。
・応募締切:2017年8月31日(木)17:00
(こちらの書式はありません。)

(2)採否に関しては、2017年9月13日(水)までに事務局よりご連絡をいたします。

(3)採択された場合は、2017年10月20日(金)17:00までに予稿集用の完成原稿をI-JAS事務局のメールアドレスにPDFファイルで送って下さい。

期日に遅れた場合は、予稿集が冊子に掲載されませんので、その点ご注意ください。
予稿集は事務局で校正等は一切行わず、お送りいただいたPDFをそのまま冊子に掲載いたしますので、ご承知おきください。
予稿集の書式は採択された方に通知のご連絡とともに事務局よりお送りいたします。

 

●お問い合わせ・応募先:lsaj@ninjal.ac.jp (I-JAS事務局)